腰痛 マット



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

睡眠の悩みには様々なものがあり、眠れないという不眠の問題だけでなく起床後に腰痛が残るという悩みを抱える方もおります。

腰は上半身を支える基礎ともいえる部位になりますので、腰に痛みがあるとすんなり歩けなかったり少しの動きや体勢変換にも問題が生じてくることになり、ひどい場合にはまだ若い方でも杖や痛み止めの薬が必要になることもあるのです。

しかし眠りは本来のところ体を休めるためものであり、横になると縦方向への腰への過重や負担を和らげることができため1日の疲れを癒すことができるはずなのですが、なぜ痛みが残る場合があるのでしょうか。

この原因として挙げられるのは敷布団やマットレスなどの体の下に引く寝具で、硬すぎたり柔らかすぎる場合などご自身の体にあっていないということが考えられます。

人間の体を見てみると上半身から下半身に向けては凹凸がかなりあるのですが、それは背中をつけて横になる仰向けの状態と横向きに寝た状態では凹凸の部位が異なりますので、それにフィットさせて自然な体型をとらなければ腰はもちろん全身の間接などに変な負担が掛かることになるのです。

一般的な敷布団の場合は厚さが決定的に足りないことからこの凹凸を吸収する余地がなく、楽な姿勢を取れないままに睡眠についてしまうことから翌朝に腰痛が残ってしまうことになるのです。

このトラブルを解消させるためには、お使いの寝具に加えて一定の厚さがあるマットを重ねる必要があり、特に低反発素材で作られている製品出れば体が楽になる体型にフィットさせてその形のまま体重をしっかり支えることができますので、人によっては医師の治療を必要とすることなく寝具へのプラスアルファだけで腰の痛みが改善したというケースもあるのです。

現状で睡眠に伴い腰痛が発生するという方は、どのような原因があるのか他の心当たりについても考えつつ、まずはマットを購入して体が良い方向に変化があるか確かめてみましょう。


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


このページの先頭へ