うつ病と不眠



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

夜眠れない、寝つきが悪い、といった悩みは確かに辛いものですが、つい軽く考えてしまいがちな症状です。
逆にうつ病は、最近良く耳にするようになったとは言え、まだまだ特殊で重い精神疾患というイメージがありませんか。
しかしうつ病と不眠には、とても深い関係があるのです。

何より、原因がほぼ同じです。
うつ病は、脳の機能を支えるセロトニン等の神経伝達物質が減少し、意志や感情の力が弱まってしまう病気です。
不眠症も、セロトニン不足により体がリラックスできなくなったり、体内時計のリズムが狂ってしまったりすることが主な発症要因と言われています。
多くの場合うつ病の症状には不眠が含まれますし、不眠が深刻化するとうつ病になる可能性があるのも事実です。

治療法としても、必要な神経伝達物質の量を十分なものにするという方針は同じです。
ただしうつ病の代表的な治療手段である抗うつ薬が、不眠治療に使われることはまずありません。
抗うつ薬は、不眠症に使うには効果が出るまで時間がかかりすぎ、副作用も重すぎるのです。

抗うつ薬は、脳内に放出されたセロトニンやノルアドレナリンが、再び吸収されるのを阻止する薬です。
セロトニン等を脳内に長く留めておくことで、必要な量を確保します。

脳の神経伝達に作用するということは、体の他の機能にも影響が出るということです。
影響が出たときの主な症状は、めまいや動悸、便秘などですが、薬の種類と当人の体質によって、どのような副作用が出るか完全に予測することは困難です。


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


このページの先頭へ