不眠症の改善方法



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

一言で不眠症と言っても、様々な種類に分かれます。
現代人に最も多いのは、寝つきの悪いタイプです。
横になってから30分以上眠りに落ちることが出来なければ、このタイプの不眠症と考えられます。
症状がひどい時には、薬効成分の入った睡眠サプリメントや、医師の処方のもと睡眠導入剤を使うのが改善の近道です。

睡眠薬と言うと抵抗があるかもしれませんが、眠れないこと自体がストレスになって不眠症を悪化させている場合もあるので、まずは悪循環を断ち切りましょう。
寝具や生活習慣など睡眠環境の改善は、その後に出来ることから行っていけば良いのです。
ただし寝る前にテレビやパソコン、携帯電話の強い光を見る習慣だけは止めておくことをおすすめします。
夜になってリラックスしようとしていた神経を興奮させ、現代人の寝つきを悪くする最大の原因と言われています。
睡眠薬は確かに役立ちますが、やはり長期連用は望ましくありませんので、こうした努力は必要です。

他にも、寝つきには問題ないが眠りが浅いタイプの不眠症もあります。
延々と夢を見ていたり、起きたときに体の疲れが抜けていなかったりする人は、眠りの質に問題があると言えます。

原因として多いのは、胃の中に食べ物が残ったまま眠りについていて、睡眠中も消化活動のために体が休めていないパターンです。
また、トリプトファンなど休息のために必要な栄養素が不足していることも考えられます。
寝る前に牛乳を飲むとトリプトファンの補給に一役買ってくれます。
栄養はやはり食品から補うことが望ましいのですが、すぐに食生活を改善するのが難しければ、サプリメントを使ってみると良いでしょう。


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


このページの先頭へ