不眠症対策



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

不眠症は、ひどくなる前の対策が肝心です。
不眠症の代表的なサインとしては、眠りに落ちるのに30分以上かかるようになった、夢を見ることが多くなった、などが挙げられます。
夢は、浅い眠りの時に見るとされています。
通常の睡眠においても脳は浅い眠りと深い眠りを繰り返していますが、起きた後も明らかに覚えているような量の夢を見ているなら、眠りの質が落ちていると考えられるのです。

また、起きた後に体が痛かったり、首や肩が凝ったりしている場合は、寝具の見直しが必要です。
不眠症はメンタル面の不調が引き起こす病気と考えられがちですが、枕の高さが合わない等の理由で起こることもあります。
眠りにくい寝具によって睡眠の質が落ちると、そのことが逆に精神面にも影響を与えます。

とは言え現代においては、日常生活のストレスをきっかけに不眠症になることがほとんどでしょう。
心の問題であれば仕方ないと諦めてしまいがちですが、食事や住環境を見直すことである程度の対策はできるのです。
寝る前に、体をリラックスさせるカモミールティーや、牛乳を飲むのはおすすめです。
牛乳には必須アミノ酸のトリプトファンが含まれます。
トリプトファンは体内でセロトニンになり、睡眠に向けたリズムを作ってくれます。

就寝する1,2時間前から、照明を落としてパソコンの画面等見ないようにすると、神経が穏やかに落ち着きます。
眠気は体温が下がっていくときにやってくるので、お風呂に入って体温をいったん上げ、20~30分後くらいに就寝できると理想的です。

不眠症の悩みを今すぐに解決する


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


このページの先頭へ