睡眠導入剤の副作用



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

睡眠薬の中でも作用時間が短く、主に寝つきを良くするために使用される薬を睡眠導入剤と呼ぶことがあります。
ハルシオン、マイスリー等は超短時間型と呼ばれ、入眠をスムーズにする目的で広く使用されています。
またレンドルミンという薬も短時間型に分類される睡眠導入剤です。

睡眠導入剤はその性質から、寝つきには問題ないが明け方早くに目が覚めてしまうとか、眠りが浅いといった不眠症には向いていません。
そうした不眠症は、医者と相談して別のタイプの睡眠薬を処方してもらったり、十分な休息に必要な栄養を補給したりして治療していきます。

上記の複数の症状が絡み合った、例えば寝つきが悪く眠りも浅いタイプは、睡眠導入剤のみによる治療は難しいと思われます。
寝ても疲れが取れないからと言って、勝手に睡眠導入剤の服用量を増やすのは厳禁です。
また、寝酒を嗜むのも止めましょう。
薬が神経に強く作用すると呼吸困難を引き起こし、最悪の場合は死に至ります。

効果が早く出るのが睡眠導入剤の特徴ですので、服用後にのんびりしていると布団以外のところで倒れて眠ってしまうことがあります。
倒れた際に怪我をするかもしれませんし、体を冷やして別の病気につながる可能性もあります。
寝る準備を完全に整えてから飲むようにしましょう。

超短時間型の睡眠導入剤であっても、朝起きた後に眠気が長く残る人もいます。
体質に合わないと思われる場合、また頭痛や吐き気が起こった場合は使用を中止し、すぐに医師へ相談しましょう。

睡眠導入剤の副作用を気にせずに睡眠の悩みを今すぐに解決する


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


このページの先頭へ