子供 睡眠時間



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

寝る子は育つというのは昔より言われていることであり、子育てにおいては早寝早起きが推奨されているのですが、これにはどういった理由があるのでしょうか。

人間はただご飯を食べていれば体が大きくするものではなく、脳からの指令により放出される成長ホルモンが作用することで骨や筋肉から脳まで様々成長することになります。

この成長ホルモンは睡眠中の夜間22時から翌2時までの間に放出されていることから早寝が推奨されているのですが、実際に最近の子供の生活ではどれくらいの睡眠時間となっているのでしょうか。

睡眠時間の平均は年代により異なってくるとことですが、ある調査では3歳の場合にはおよそ9.8時間、9歳ごろになるとおよそ9.2時間、14歳ごろになるとおよそ7.5時間、17歳ごろになるとおよそ6.6時間という結果が報告さえています。

年齢が上がるとともに睡眠時間が減るというのは分かることなのですが、小学生の場合に外国の平均では10時間以上となる国が多くありますので、そのあたりの時間と比較すると必ずしも十分な睡眠が取れていないという実態がわかるのです。

実際に夜間に外を出歩いて見ると営業時間の長いお店や深夜営業のお店などが多く増える中では、ベビーカーを押しながら遊びに興じる若い親御さんがいたり、まだ小さな子供から小学生くらいまでを連れまわしている姿も見られます。

子供を家に残せないという事情はわかるのですが、大人の事情で夜間に連れまわすということによりお子さんの健康や発育に悪い影響が出てくるとすればそれは非常に大きな問題といえます。

また夜間に明るい光を見ると体内時計が大きく狂う要因にもなりますので、夜更かしした日だけでなくその後も夜眠れないということが続くということも十分に考えられますので、一時だけの遊びでもその余波が長く続いてしまうと成長だけでなく日中の学習にまで悪い影響を及ぼすことになりますので注意が必要となります。


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


このページの先頭へ