安眠したい



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

現在、不眠に悩んでいる人がとても多いそうです。
眠れないからと言って、睡眠導入剤などを処方して貰っている方も少なくありません。

しかし、睡眠導入剤に関しては副作用があったり、服用し続けてしまうことで耐性がついてしまって依存症に陥ってしまったりなどの欠点がありますので、出来れば使わずに安眠出来るようにしたいですね。
不眠を改善して安眠したいのであれば、先ずは睡眠のメカニズムを知っておくと良いでしょう。
眠くなることで欠伸をすることがあります。
欠伸は酸素不足の解消などと言ったことも言われていますが、実際のところ眠気が出た時の証拠です。
欠伸をするのは人間だけではなく、あらゆる動物が欠伸をすると言われており、人間の場合ですと、妊娠3ヶ月くらいの胎児の頃から欠伸をするとされています。

昼寝に関して書きますと、1日の時間の流れとともに人間の体内にも睡眠に関するリズムが出来ています。
睡眠のリズムのピークは夜にくるのですが、午後1時頃から午後2時くらいの間に小さな波がくるとされているのです。
この時に、昼寝をしてしまうと夜に眠れなくなってしまうと考えてしまう人も多いですが、実は本来の睡眠の一部からくる眠気となります。
30分以内の昼寝をするのであれば、夜の眠気を妨げることもありませんので積極的に眠っても問題ありません。
睡眠不足となってしまった時、睡眠不足を取り返そうとして起床時間をずらしてでも寝ようとする方がいらっしゃいます。

しかし、起床時間をずらしてしまうことで体内時計も狂ってしまいますので、出来るだけ朝は決まった時間に起きるようにして下さい。
睡眠不足だと感じる時は、早めに眠るようにすると良いでしょう。
最も質の良い睡眠をとる為には、昼間に運動をすることが大切だと言えます。
昼間の光を浴びることで、睡眠を促してくれる成分であるメラトニンの分泌が促進されるからです。
メラトニンの分泌は年齢を重ねるのとともに減少していきますので、年齢を重ねれば重ねるほど昼間の運動が重要となってきます。


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


このページの先頭へ