安眠妨害



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

安眠をしたいと思っていても、妨害する要素があると、どうしても安眠することはできません。
安眠を妨害される要素として多いのが、騒音問題です。
外を走るバイクの音や、上の階の住人の音、扉を閉める音など、様々な音で安眠を妨害されることがあります。
騒音対策として重要なのが、あまり気にしないということです。
気にすれば、その分神経が高まってしまい、それがさらに音を気にするという悪循環を招きます。
最初から気にしないように努めれば、その後悪循環が起こることがなく、騒音で安眠を妨害されることが少なくなります。
どうしても気になる場合には、騒音が出ないように地域で話し合ったり、近所で話し合うなどして解決する方法もあります。
気持ちを落ち着かせる安眠用のサプリメントもあるので、そういったものを使用して神経質になってしまう心を抑える方法も有効です。

それから、耳栓をする方法もあります。
最近では、安眠するための耳栓も多く出ているので、そういったものを購入したり、耳栓を自作して音を防ぎます。
騒音そのものを好きになってしまうという方法もあります。
バイクの音がうるさい場合でも、バイク自体を好きになれば、気にならなくなります。
子供の泣き声がうるさい人でも、子供がかわいいと思ってしまえば、逆に癒しになるという人もいます。
また、安眠を妨害する要素として、室温や体温が適切でない可能性があります。
暑い室内で寝ようとしても、なかなか寝ることができません。
扇風機やエアコンを利用して、しっかりと快適な室温にすることで、安眠することができます。
布団が厚すぎたり、薄すぎたりしてもいけないので、気温に合った布団を選ぶようにすることも重要です。

さらに、安眠を妨害する要素として、昼寝をしすぎているということがあります。
昼寝は短時間なら良いのですが、あまり長時間やると夜に安眠することはできなくなります。
昼寝をする人は、よく時間を計っておき、1時間以上寝ないように目覚ましをセットするなどの工夫が必要となります。


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


このページの先頭へ