安眠枕



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

安眠するために、枕の存在は重要です。
枕が合っていないと、うまく寝付けなかったり、熟睡できないこともあります。
枕売り場などでは、やわらかい枕から、抱き枕、硬い枕、低反発枕など、様々な枕が販売されています。
それぞれ合っている枕が違っているので、個人個人に合った枕を提供するために、色々な枕が販売されていると言えます。

例えば、低反発枕は一時期ブームにもなりましたが、買ってみると意外と合わなかったという人もいます。
クビが痛くなったという人や、どうもしっくり来ないという口コミがありました。
合っている人には、低反発枕で色々と健康になったという口コミもありますし、安眠できる枕は個人個人で違っていると言えます。
自分に合った枕の選び方としては、まず、枕の高さで選ぶことが重要となってきます。
枕の高さが違うと眠れないという人や、枕の高さが高すぎて首が痛くなるなどの意見もあります。
しっかりと自分の体に合った高さの枕を選ぶことが、安眠につながります。
最適な高さの枕の選び方は、枕を使った際に横を向く余裕がある枕が良い枕だとされています。
余裕がないほど高い枕では、寝返りなどもうちにくく、仰向け以外の格好ができないことから安眠できません。
ある程度睡眠中に移動できる程度に余裕のある枕の高さを考慮して、枕を選ぶようにすることが重要です。

さらに、枕の硬さも安眠枕では重要になってきます。
硬い枕でないと気持ちが落ち着かないという人から、やわらかい枕を愛用している人まで様々です。
安眠するために重要なのは、ある程度やわらかさがあり、首部分から後頭部まで均等に支えてくれる枕です。
どこか一箇所だけで支えなければいけない枕の場合、どうしても負荷がかかってしまい、安眠できません。
なるべく負荷をなくす枕が、安眠できる枕だと言えます。
その他、枕に使われている布や、枕の清潔さも、安眠に関わってくるので、枕の肌触りや、手入れのしやすさなども考えて枕を選んでみて下さい。


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


このページの先頭へ