安眠 コツ



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

普段なかなか寝つきが悪かったり夜中すぐに目が覚めてしまうという方多いのですが、ポイントをしっかり抑えて対策を行えばそうした問題も解消することが可能となります。

では具体的に安眠を得るためにはどのようなところにコツがあるのでしょうか、そもそも睡眠というのは脳の活動が低下して意識がなくなるものですので、脳が安らかに落ち着けるようコントロールすることが重要となります。

脳がどのように活動しているかというのはなかなかご自身では判断がつきにくいところではあるのですが、外から受ける刺激に反応して脳は活発に活動することになりますので、たとえばぼんやりテレビやパソコンまたはスマートフォンなどを眺めているだけでも大きな刺激として脳に伝わることになります。

読書をする場合にも内容が複雑なものやパズル本を読んでいたのでは考えることが刺激になってしまい目が覚めますので、読むのであれば軽い内容の本を選択して斜め読みする程度にしておくと安眠のコツといえます。

また夜間に口にする飲料についてですが、やはりアルコールは脳への刺激が強いことから寝たとしても眠りは非常に浅くなりますので量を抑える必要があり、お茶やコーヒーなどもまたカフェインが多く含まれていますので避けるべきだといえます。

一方で夜間飲むのに最適なのはホットミルクで、これはあまり温度を上げずに飲みやすい程度に加熱して飲むと鎮静効果があり、コンビニなどのホット飲料コーナーで販売されているホットレモンでも良いのですが、ココアやホットチョコレートなどを飲む場合にはカフェインが少量ながら含まれていますので注意が必要です。

またお茶を飲みたい場合には茶葉を使わないハーブティーを選択すればカフェインが含まれていませんので眠りにつきやすく、ハーブの中にはカモミール・セントジョーンズワート・パッションフラワー・ローズバッズピンクなどのように鎮静効果があるものもありますので、このあたりを選んで飲むというのも安眠のコツといえます。


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


このページの先頭へ