安眠 方法



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

睡眠は、1日の4分の1前後を使って明日の元気を養う大切な活動です。
しっかり休息の効果が得られるようにしたいですよね。
安眠を実現するには、次のような方法があります。

まず、就寝時間を毎日一定に保つことです。
理想的な睡眠の大前提は、きちんと整った生活リズムなのです。
ベッドに入る時間を決めておくことで、自然とその他の活動も規則正しくなってきます。
できれば起床後に朝日をゆっくり浴びられるような時間に設定しましょう。

そして寝る3時間前から胃に食べ物を入れないようにします。
寝ている間に消化活動が行われると眠りが浅くなってしまうからです。
空腹を保って床に就き、長く寝ても疲れが取れない人は、普段の食事を見直してみましょう。
体を休めるのに必要な必須アミノ酸やビタミン等が不足しているかもしれません。
食事をすぐに改善するのが難しいようなら、睡眠サプリメントを使ってみるのも一つの手です。

横になっても30分以上入眠できず困っている人は、寝る直前に眩しい光を避けるようにしてみてください。
眩しい光とは蛍光灯や、テレビ、携帯電話、パソコンのバックライトなどです。
これらの光が目に入ると神経が高ぶり、スムーズな寝つきを邪魔します。

頭に色々な考えや不安が受かってしまって眠れない場合は、日頃から溜まったストレスが原因という可能性もあります。
そうであれば上記のような努力をしてもなかなか安眠できず、逆に焦りを増してしまうかもしれませんね。
たかが眠れないくらい、と安易に考えず、心療内科等の受診をおすすめします。


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


このページの先頭へ