枕 安眠



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

枕が違っていると、眠れないという人もいるくらい、枕は安眠と関係が深いと言えます。
なぜ枕がそれだけ安眠に重要な要素を占めるかというと、それは脳とも関係があります。
眠るという行為は、脳が行なっています。
その脳が入っている頭に直接影響を与えるのが枕なので、安眠とも繋がりが深いと言えます。
例えば、まくらには自分のにおいがつくことがあります。
自分のにおいがついている枕というのは、自分のテリトリーで眠っているという安心感を脳に与えてくれます。
いつもと違う枕を使用すると、眠れないことがあるのは、自分のテリトリー外で眠っているという感覚があるのも要因の一つと言えます。

さらに、最適な枕の高さというのは、個人個人で違っています。
首部分の形状や、頭の重さ、身長の高さなどは、人によってかなり違います。
自分に合っている枕は、そういった要素にぴったりと合ったものなので、人が良いと言っていた枕が必ずしも自分にも良い枕だとは限りません。
できるだけ体形が近そうな人がすすめる枕を使用するようにすると、自分に合っている可能性は高いと言えます。
また、枕の中でも、低反発枕と呼ばれる、メリットの多い枕もあります。
適度な高さや、自動でフィットする素材、硬さもある程度あるので寝返りや眠り方も変更が可能などのメリットがあります。
どうも眠れないという人が、低反発枕に変更すると眠れるようになったという口コミも多いので、低反発枕や安眠枕の利用も安眠のための一つの手段と言えます。

それと、枕は清潔にすることも重要です。
布団は清潔にしているけれど、枕はどうしても忘れがちだという人もいます。
体は雑菌などに対して抵抗力が強いことも多いですし、寝具を着ているので、ある程度防いでくれることも多いです。
しかし、枕が汚いと、顔に直接雑菌がついてしまったり、嫌なにおいが発生してそれを一晩中吸うことになります。
そうなると、安眠が妨害されることもあるので、しっかりと枕を清潔にしておくことも重要だと言えます。


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


このページの先頭へ