睡眠 寝不足



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

社会人ならずとも学生の方でも寝不足の状態に陥る方は非常に多く、中にはそれが出来る人の条件かのようにひけらかす場合もあるのですが、そもそも日本人の場合はどのような理由で寝不足となっているのでしょうか。

まず最も多いのは適応性不眠と呼ばれるもので、これは日頃から受けている過大なストレスにより睡眠障害が生じるケースとなります。

この適応性不眠は症状の名前を知らなくても該当している方は非常に多く、問題を解決するにはストレスを解消することが一番となるのですが、逆になにか楽しいこと嬉しいことをして興奮状態が続いた場合でも不眠に陥る場合もありますので注意が必要です。

続いて若い方に多いのが特発性疾患による不眠で、これははっきりとした原因は不明なのですが睡眠や覚醒に関わる体内のシステムのバランスが崩れていることが要因と考えられ、まだ小さい頃から青年期にいたるまで比較的に長い期間で生じる可能性がある症状となります。

そして次に多いのは薬物による影響を受けた寝不足で、薬物と聞くと何か怖いようなイメージもありますがここではアルコールやカフェインなどの事を指しており、寝る前の飲酒はその代表例といえます。

確かに飲酒をすることで眠りにいざなわれるということもあるのですが、アルコールにより脳は刺激を受けていますので眠りは非常に浅く、平時の眠りとはまるで質が異なっているのです。

カフェインに関してもコーヒーやお茶ばかりでなく清涼飲料水や食品にも含まれている場合もありますので、睡眠前に何を口にしたかにより眠りが妨げられてしまうということもあるのです。

さらにそれ以外で多いのは健康や精神的な障害による不眠で、このあたりの領域は個人で対応できるものではありませんので、症状により専門医に相談す他方がよいでしょう。

この双方を原因とする場合には不眠以外にも他の症状も出てくる可能性が非常に高いので、早い段階で診察を受けて治療に入らないと症状を大きく悪化させることにも繋がりかねず注意が必要です。


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


このページの先頭へ