毎日眠れない



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

本来、睡眠は毎日およそ8時間ほどとるのがベストな形であり、これにより心身ともに安らぎを得ることができるのですが、人によっては毎日眠れないという悩みを抱えている方もおります。

この毎日眠れないというのが生活習慣などご自身が原因となる話であればそのあたりを改善すればよいということになるのですが、その一方で職業上の理由により睡眠時間が一定にならず毎日眠れない不眠に苦しむという場合もあるのです。

これは主に日勤と夜勤を繰り返す方に多く見られるもので、公務員であれば警察官・消防官・海上保安官・裁判所・役所・自衛官・税関・拘置所・刑務所・上下水道局などをはじめ様々あげられます。

また民間の仕事を見渡したときにも様々見受けられ、医療機関・電気会社・ガス会社・警備会社・ファミレス・コンビ二・鉄道会社・24時間営業小売店・遊興店・運送業などとこちらも非常に多くの種類があります。

こうした職業上の理由により日勤と夜勤を交互に繰り返すような仕事に従事している方の人数は非常に多くありますので、その中では当然に不眠の悩みを抱える方も多いのです。

ただ就寝時間がばらついたとしても寝たいときに眠るというのであれば、睡眠欲求を満たしていますので問題ないようにも見えるのですが、この場合は体の体内時計をまったく乱した生活となりますので、体は寝るタイミングを見失うことになり睡眠障害を引き起こしやすくなるのです。

まだ若いときであればこうした不安定な生活でも寝ればすぐに復活してみなぎる体力で乗り越えることもできるのですが、徐々に年を重ねる中では持ちこたえることができず部署を変えたり職を変えたりすることもあります。

こうした時には不眠への治療を行うのは当然ですが、将来に向けてこのまま同じ生活を続けていても良いのか、体への負担をどう解消すべきか考える必要も生じてきますので、他の日勤のみとなる部署の移動を考えはじめたほうが良いといえます。


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


このページの先頭へ