深い眠り



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

睡眠は単一のものではなく深い眠り(レム睡眠)と浅い眠り(ノンレム睡眠)を交互に繰り返すことになるのですが、質の悪い眠りでは夜中に何度も目が覚めやすい浅い眠りにつくことで脳や体が十分に休むことができず、翌日に疲れを残してしまうことがあります。

本来この相互の眠りは1時間30分ずつ波のように交互に訪れるもので、浅い眠りの時には夢を見る事がありますし、また最初にレム睡眠に入った後でノンレム睡眠に移行する際には成長ホルモンの分泌が盛んになりますので、体が成長したり新陳代謝を促すといった効果があり、若返りを図ることもできるのです。

またこの睡眠それぞれで体に及ぼす効果は異なり、ノンレム睡眠では脳の疲れをとるのに対してレム睡眠で肉体の疲労をとることができるため、どちらでも良いから単に寝れば良いものではなく、交互の睡眠状態が訪れる質の良い睡眠をとらなければならないのです。

とはいえ深い眠りに入るのはなかなか難しいという方、不眠症を抱えているという方も非常に多いのですが、深い睡眠を得るための方法にはどういったことがあるのでしょうか。

まず寝つきの悪い方の場合は寝具を変えると寝やすくなるということがありますので、実際に新しく寝具を買い換えて寝つきが変わった体験をした方も多いかと思われますが、マットレスだけでなく枕を変えるということも非常に大きな意味を持つのです。

特に近年では高さや弾力などを自由に設定できる枕の専門店が数多く見られるようになって来たのですが、これは個々の体により理想的な枕の形というのは違ってきますので、様々な計測を行う中であなたにぴったりな枕を導き出し、肌触りの良い素材を選択して自分だけの枕を作ることができるのです。

また枕の専門店が身近にないという方でも低反発素材の枕であれば、頭の形状や体との位置関係から最適な枕の形に変化してくれますので、この場合も違和感や負担を感じることがまったくなく、深い眠りへといざなってくれることになります。


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


このページの先頭へ