熟睡 こども



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

こどもは、昼間にしっかり体を動かし元気に遊ぶことで、夜ぐっすりと熟睡することができるのが普通です。

しかし現代では、昼間にしっかり体を動かし元気に遊ぶということが難しいことも多く、夜中まで起きているというこどもも少なくありません。

こどもを持つご家庭は、できるだけこどもが熟睡できるような生活習慣と環境を整えるようにすると良いと思います。
こどもが熟睡できる環境は、朝の目覚めで、太陽の光を感じることができる環境だと言います。

太陽の光で朝が来たという感覚を体で覚えることによって、1日の生活リズムというものがうまれます。
子育てをしていく中では、子供の朝の目覚めよりも、夜の睡眠に力を入れているというご家庭が圧倒的に多いと思いますが、
夜何としてでも寝かしつけなければというのではなく、毎朝決まった時間にきちんと起こして、太陽の光を感じるようにすると自然と夜更かしすることなく眠れるようになります。

こどもが熟睡することができるように大人が心がけることは、寝室環境を整えること。そして寝具やパジャマを吟味してこどもが快適に過ごすことができるような配慮をすることです。
その他にも、夕食を終えたらリラックスした時間を過ごすことができるようにするのも良いと思います。

夜遅くまでテレビを見たり、ゲームをするような環境だと、光の刺激などによって脳が活性化したままの状態となり眠ってはいても熟睡することができないというような状態に陥ってしまうので、
できるだけ夕食後は家族団らんでゆったり過ごすようにすると良いですね。

こどもの熟睡は、両親や家族の支援によって、それほど難しくなく実現させることができます。
大変に感じてしまうかもしれませんが、こどもが規則正しく睡眠をとり熟睡できるようになると、両親は子供が眠った後にリラックスした大人だけの時間を過ごすことができるので、
ほんの少し配慮するようにすると良いのではないでしょうか。
こどもは、こどもらしく元気に体を動かし、太陽のリズムで生活することができると心身共に健やかに育つので、子供の成長をしっかりと見守っていきたいですね。


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


このページの先頭へ