浅い眠り



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

浅い眠りの状態には、いくつかタイプがあると言われています。

まず、眠たいけれどなかなか眠ることができない入眠困難の人や、普通に眠れても途中で必ず目覚めてしまうという中途覚醒の人、いくら何でも朝の目覚めが早すぎるという朝方覚醒が一般的です。

不眠症というよりは、生活リズムの乱れなど何らかの原因によって引き起こしてしまっている可能性が高く、
眠れるために行なっている習慣が逆効果となってしまっているということも少なくないようです。

深く眠れるために効果があると誰もが思う方法のひとつに、飲酒があります。
飲酒は、寝付きが悪くても少しお酒を飲んで床につけばすぐに眠れて寝付きがよくなるからと眠るために飲酒を習慣としている人は多いですが、
実はこれは深い眠りのためには逆効果で、浅い眠りとなってしまう場合も多いようです。

飲酒をして眠るよりも、浅い眠りを改善するためには、できるだけ飲酒は控え、軽い運動を取り入れること、睡眠をとる3時間前までには食事を済ませるようにすると質の良い睡眠をとることができると言われています。

また、パソコンや携帯などの画面を見ると脳が活性化してなかなかリラックスすることができないため、
睡眠に入る前には、できるだけ脳がリラックスすることのできる時間を作るようにすると良いようです。

それでも、浅い眠りでしっかり眠れないという場合は、サプリメントなどを利用してみるというのも良い方法です。
睡眠薬などの薬は、副作用が心配ですし、睡眠薬に頼るまででもないけど浅い眠りで毎日の生活が睡眠不足でツライという場合には、とても良いようです。

しっかり眠れるようになるサプリメントには、体の休息には欠かすことのできない、セロトニンという成分が豊富に含まれているものが多く、
その他にもギャバやレスベラトロールなどが配合されているものが一般的です。

サプリメントは、即効性はありませんが、継続して飲み続けることによって徐々に効果を感じることができるようになるようなので、
完全に眠れないというのではなく、眠れてはいるものの浅い眠りで疲れがなかなか取れないという人には最適かもしれません。


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


このページの先頭へ