眠りが浅い



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

睡眠は、レム睡眠とノンレム睡眠の2種類があり、これらがある一定のリズムで繰り返されて1日の眠りとなっています。

しっかり長い時間眠っているはずなのに、何だか眠りが浅くてスッキリしないという人は、実は多いようです。
このように眠りが浅いという人の多くは、レム睡眠の時間が長いのかもしれません。

レム睡眠は、身体自体は深い眠りに入っているけれども、脳は起きているような状態のため、
眠りは浅く、身体の力は完全に抜けてはいるものの、眼球はキョロキョロと動き、呼吸や脈拍は不規則に動いている状態です。
そして、夢を見ている状態というのがレム睡眠で、浅い眠りの状態のことを言います。

ノンレム睡眠は、入眠直後の睡眠の状態で、眠っている間の身体を支える筋肉は動いてはいるものの、眠りは深いため
呼吸や脈拍は少なく安定している状態となっていて、この状態の時にはほとんど夢を見ることはありません。

私達の睡眠は、このレム睡眠とノンレム睡眠を約90分という周期で繰り返され、ひと晩でこの周期は約4,5回やってきています。
しかし、眠りが浅いということは、この周期が規則的に繰り返されているのではなく、不規則になっている可能性があります。
体は眠っているけれど、脳が起きているような状態の時には、ちょっとのことで目が覚めてしまったり、
夢を沢山見すぎて眠った気がしないという状態になってしまうのかもしれません。

眠りが浅くて、熟睡感を感じられないという人は、生活リズムが乱れていないかどうかを、
思い返してみてみると良いと思います。また、眠る環境は整っているかどうかも重要です。
しっかり眠りたいと思っていても、騒音が気になってしまうような場所では、じっくり眠ることもできませんし、
室温や湿度が適温ではない場合もなかなか良い睡眠を実現させることは難しいようです。

眠りが浅いと感じたら、まずは眠る環境と生活リズムを見直して、改善が必要だということは
改善すると、しっかり眠れるようになるのではないでしょうか。

どうしても、眠りが浅いという場合は、眠れないという人が使用するサプリメントなどを試してみると良いと思います。


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


このページの先頭へ