眠れない 寝たい



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

夜になるとその一日の疲れはピークに達し、翌日には疲れを残さないようしっかり睡眠をとりたいものですが、寝たいのに寝れないという経験がある方は非常に多くいることかと思われます。

布団に入っても目を閉じても眠れない時間が長く続き、ついには痺れを切らしてスマートフォンをいじりだしたりテレビやパソコンをつけてしまうというケースもあるのですが、これがたまにあるだけならまだしも、毎日のように続いてしまうと生活リズムを大きく崩す原因になりかねないのです。

では寝たいのに眠れないという現象はなぜ起こるのでしょうか。

この原因については様々考えられますので一概には言えないのですが、ある時ふと寝ることができないという場合にはその直前の行動や周囲の環境が大きく影響している場合があるのです。

そもそも人間は夜になれば自動的に眠くなるものではなく、周囲の明かりなど外的な要因が大きく影響し、また体内環境についても睡眠を妨げる要因になっているのです。

そのため不眠がある場合には睡眠時間が近づくにつれて寝に入るために一定の準備が必要となり、まずは徐々に照明を落として暗くしていくことが脳を眠りにいざなうことに繋がるのです。

睡眠の1,2時間前には部屋の照明を暗くしていくとともに、テレビ・パソコン・携帯電話・スマートフォンなど強い光が生じる画面を見るのは避けたほうがよく、本や雑誌などを読んだほうが脳への刺激が少なくなるのです。

またお風呂に入ったりランニングやウォーキングなどの運動をすると心拍数が上がることからこの場合も脳への刺激が強くなりますので、睡眠を予定しているだいぶ前の時間に双方ともに済ませておき、寝る直前の1,2時間には行わないようにしましょう。

こうした寝に入るための準備をしていくことで脳は徐々に落ち着きスムーズな睡眠に入ることができるようになりますので、寝たいけど眠れないという苦しい事態を脱することができるようになります。


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


このページの先頭へ