ちゃんと眠れない



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

夜になると一応は眠りにつくことができるのですが、すぐに目を覚ましたり浅い眠りが続いてちゃんと眠れないという悩みお抱えている方も多くおります。

一般的には入眠の際にスムーズな眠りに入ることができないケースが多くあるのですが、その一方で寝入りは問題なくてもちゃんと眠れないという問題を抱える方もいるのですが、これにはどういったわけがあるのでしょうか。

まず浅い眠りですぐ目が覚めてしまうのは、アルコールを摂取した場合によく見受けられます。

これは適量を大きく超えて過剰に摂取した場合にあることで、一見すると深い眠りにおいているように見えてもアルコールは脳を刺激していることから浅い眠りに終始してしまい、結果として見た目の睡眠の度合いに比較し心身ともに休まっていないということがあるのです。

またアルコールに限らず寝る前に水分を多く摂取して排尿を済ませていない場合には、夜中に幾度となくトイレで目が覚めるということがありますので、夜間の水の摂取はよくコントロールしておく必要があります。

もちろん夏場は熱中症を避けるために水を多く摂取しなければなりませんが、それを踏まえてもトイレに行く回数が多い方の場合は頻尿という症状が出ている可能性がありますので、h尿気という観点から不眠の治療を行う必要があるといえます。

頻尿は年齢とともに生じてくるもので、特に睡眠中は我慢することもできず否応なしに目が覚めてしまいますので、医師に相談して医薬品を服用するなど泌尿器の治療を行いましょう。

またそれ以外にもご自身のいびきの騒音に目覚めるという事もありますので、そうなるとまた違ったアプローチで不眠の問題を解決していくことになります。

このいびきは喉の形質的な問題もあるのですが、肥満という体型が絡んでいる場合も多くありますので、そうなるとダイエットが不眠を解消するための手段として浮かび上がることになり、ちゃんと眠れないという問題解消のために多少のつらさは我慢しましょう。


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは停止中です。

サブコンテンツ


このページの先頭へ