眠れないかな



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

夜間に眠れない日々が続いてしまうと、体力が十分に回復しない中で眠れないかな、何で寝れないのだろうと思わずぼやいてしまうこともあります。

ただ苦しい中で眠れないかなという希望のみを口にしていてもそうなる期待は薄く、ご自身の手でどのようにすれば眠りやすくなるのかを考えて工夫をしていく必要があるのです。

寝室の外部環境を変えていくという方法は広く知られているのですが、それだけでなくご自身の体の内部で眠りやすい状況を作るということも大切で、睡眠前にどのような食べ物や飲み物を口にしたかにより体に良い影響をもたらすことができる場合があるのです。

それでは具体的にどのような物を口にすると良いのでしょうか、まず食べ物に関しては眠りをいざなうホルモンが分泌しやすい食品として農産品では大豆・小豆・チーズ・ヨーグルト・牛赤身・バナナ・ナッツ類などがあげられます。

たんぱく質やナッツ類は脳に対しての効果が大きく、落ち着きを得ることができる食物としては高い効果が期待できます。

海産物ではマグロ・カツオ・しらす・わかめ・のりなどがあげられ、いずれも1種類だけを食べるのではなくほかの食品とともにバランスよく摂取することが非常に大切になります。

これ以外にも眠りをいざなう食品は非常に多くありますので、特に夕食に際しては複数の食べ物を組み合わせて眠りやすい状況にしておきましょう。

また飲み物に関してはよくお酒が良いという方もいるのですが、アルコールは脳を刺激することになりますので量を少なくしたりできるだけ寝る前は避けたほうが良く、ハーブティーや生姜湯などと自然由来の植物が入った鎮静効果がある飲み物を選択すると良いでしょう。

このような食べ物や飲み物口などに入れるものに気をつけ工夫を凝らすことにより、眠れないかなという漠然とした希望をしっかりと現実のものとすることができますので、ご自身の生活で改良の余地がある場合にはぜひ参考にしてみましょう。


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは停止中です。

サブコンテンツ


このページの先頭へ