眠れないです



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

不眠の状態が続くと心身ともにかなりつらいものとなりますので、心療内科や精神科で受診して眠れないですと医師に伝えることになります。

眠れないでという言葉はなんとも説明が不足しているのですが、睡眠が十分でない日々が続くと語彙表現が狭くなり、自信の現状についての分析もままならないことから仕方がないといえますが、そうした言葉を受けて病院ではどのような治療が行われているのでしょうか。

まず病院では眠れないですという患者さんの申告を受けてその原因について探ることになるのですが、心理的な要因や環境的な要因以外にも様々な原因がありますので、最初の原因を探る診断というのは非常に大切になってくるのです。

病院に来られる方の中には代わった理由で睡眠不足に陥るケースもあり、たとえば睡眠中に呼吸が停止してしまう睡眠時無呼吸症候群や歯ぎしり・いびきなどにより深い眠りにつけないというケースもありますので、原因を特定した上でそれを解消するため治療を組み立てていくことになります。

あらかじめご自身でどういったところに原因があるのか目星をつけることができればその診療科目で受診することができますが、原因がわからない方の場合は睡眠医療認定医もしくは専門の治療機関で見てもらう事により様々な原因を踏まえ包括的に検査してもらうことができます。

国内では睡眠障害全般を総合的に診療する専門医療機関はまだまだ数が少ないのですが、大都市圏で探すと見つけることができますので、できるだけ早めに治療を受けて安らかな眠りにつきましょう。

ただ詳しい原因がわからないままいきなり精神科に向かうと、担当の医師によってはあまり詳しい話をしないままに睡眠薬が処方されてそれで終わりという場合も多々あるのです。

そうした診断は必ずしも正しいとは限らないので、それぞれの病院の評判や医師の評判などは事前にインターネットで検索したり知人などに聞くなどして情報を集めておくと良いでしょう。


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは停止中です。

サブコンテンツ


このページの先頭へ