眠れない



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

夜になっても目がパッチリ覚めて寝れないということは稀にあるのですが、これは人間の体内時計が1日25時間単位で時を刻んでいることに大きな関係があます。

実際に1日は24時間となりますので、そのオーバーした1時間が積み重なることで昼夜の認識がわからなくなり夜間の睡眠を阻害しているのですが、一方で一時的に眠れないというのではなく恒常的に眠れないという方もよくいるのですが、これにはどういった理由があるのでしょうか。

細かな生活習慣で見たときに寝れない理由というのは様々あるのですが、それ以外に心理的な圧迫やプレッシャーが眠りを妨げている場合が多く見受けられます。

とくに恒常的に寝れない方の場合は、睡眠をとること自体がプレッシャーになっている場合があり、寝れないことにジレンマを感じたりそんな自分が嫌だったり夜になることが怖かったり、そうしたプレッシャーは日々増大することになりますので最終的には睡眠薬などの薬を服用しなければ解決できないほど悪化させてしまうことがあるのです。

ではこうした心理的なプレッシャーはどのように取り除いていけばよいのでしょうか。

たとえば一時ゲームに興じたりお笑い番組を見るなど気を紛らわすのでも良いのですが、そうしたことによる効果というのは限定的であることからご自身の心の持ちようが大きなポイントとなりますので、集中力を高める座禅やヨガなどを行うというのもひとつの手だといえます。

この座禅やヨガなどは一見すると仏教や他の宗教の修行のようにも見えるのですが、宗教的な要素を含まない精神修養の練習として海外でも広くなじみがあるもので、心を落ち着かせてひとつのものに打ち込むということは睡眠に際しても重なる部分があり重要となるのです。

余計なことを考えるからこそ眠れないのであって、そうした雑念を無くして心をコントロールできるようになれば、自然と眠れないという悩みも解消することができるようになります。


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは停止中です。

サブコンテンツ


このページの先頭へ