睡眠不足



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

睡眠不足は忙しい生活の中ではつい陥りやすい生活習慣なのですが、それが仕事や家事などの忙しさによるものであればある意味仕方ないとも言えるのですが、睡眠にあてる時間があるものの眠りにつく事ができない不眠の状態である場合にはかなり辛いものがあります。

そもそも睡眠とは長い人生の中で1/3ほどの時間をかけるほどに重要なもので、疲れた体の休息や心の休息、そして知覚・記憶・学習・思考・判断などといった高次脳機能を休め再構成するためにも必要なもので、生命の維持には欠かせないものとなっています。

ある研究では睡眠は食事による栄養摂取よりも重要とされており、断眠を続ける中では考える力が徐々に落ち込んでいくのとともに厳格や妄想などが頻発することになり、人の場合は相当期間眠らないままであると死に至るケースもあるといいます。

睡眠不足が死に至るというのはにわかに信じられないところですが、古い時代には拷問として強制的に眠らせないことで苦痛を与えることもありましたし、近年でもお隣の中国や韓国などではパソコンのオンラインゲームを数日間眠ることなく続けたことにより倒れたり死に至るケースもありますので、こうしたことは日本においても過労死に少なからず繋がるところとなるのです。

ではそもそも睡眠にはどれくらいの時間をかけると健康上良いとされているのでしょうか。

最新の研究では人間のもっともベストな睡眠時間は7~8時間ほどという報告があり、この睡眠時間を維持することにより寿命が長くなり死亡のリスクも軽減することになりのですが、国内の調査では日本人のおよそ半数に当たる方が6時間以下の睡眠時間しか取れていないといいます。

長寿命といわれている日本人は主に食事面での評価は高い一方で、睡眠に関しては世界的に見ても平均睡眠時間がかなり短く、睡眠不足がなければさらに寿命が増える延びしろがあるともいえるのです。

また年代で見たときに若い方の睡眠不足に陥るケースも非常に多く、この場合は単に健康を損なうだけでなく成長を損なうことにも繋がりかねず注意が必要です。


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


このページの先頭へ