睡眠剤



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

睡眠剤とは睡眠薬と睡眠導入剤の双方の医薬品を指しているもので、言葉の使い分けについては明確な基準はないのですが医薬品業界では睡眠薬全般を指している一方で、一般的なところでは睡眠導入剤の略語として用いられるケースもあります。

睡眠導入剤は名称が様々で睡眠改善薬と呼ばれていることもあり、睡眠薬に関しては医師の診察が必要ですが睡眠導入剤は薬局で購入できる手軽な医薬品として利用が増えています。

睡眠剤はこの双方ともに夜間に眠れない症状があるときに利用することで、苦労なく楽に寝に入ることが出来るのですが、この2種類の薬にはどういった違いがあるのでしょうか。

違いについて簡単に言えば、睡眠効果がどれくらいの時間持続するかという点に違いがあるもので、睡眠導入剤に関しては寝入りを良くするという効果に特化しており、およそ3時間ほどでその効果が半減するものとなります。

一方で睡眠薬はそれよりも長い時間にわたり効果を維持することで、深夜になってから浅い眠りゆえに何度も起きることがなく、朝までぐっすり深く眠ることができます。

睡眠剤の中でもとくに睡眠導入剤は新たな商品も次々に開発されており、特に注目を集めているのは抗ヒスタミン剤が含まれた薬で、本来は花粉症をはじめとするアレルギー症状を緩和するために作られた抗ヒスタミン剤が睡眠にも効果があるとして商品化されています。

この抗ヒスタミン剤はアレルギーを発症する際に放出するヒスタミンを抑える作用があるもので、花粉症の対策薬として広く使われているのですが、アレルギー薬には注意書きとして服用後には車の運転や工作機械などの運転などを行う作業に従事しないように注意書きが書かれています。

これは抗ヒスタミン剤が中枢神経系にはたらきかけて眠気を引き起こす作用によるもので、この作用を用いて製造されている睡眠導入剤があるのです。

またこれ以外にも様々な睡眠剤があるのですが、効果が薄いから安全というわけではなく常習性などの危険もありますので、用法用量はしっかり守らなければなりません。


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


このページの先頭へ