睡眠導入剤



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

睡眠導入剤とは睡眠薬とは少々異なる医薬品で、医師の処方箋が必要なく薬局やドラッグストアで気軽に購入することができることから人気を集めています。

不眠の悩みを持つ方は病院で医師の診察を受けて睡眠薬の処方を受けることでしか薬を受け取ることができなく、またそこで処方される薬は効果が強いことから依存性が高くなることもあり、あまりお勧めできるものではありませんでした。

一方で睡眠導入剤とは名称にあるとおりに睡眠に至りやすくするために入眠を助けるという限定的な効果にとどまるもので、医薬品の薬効分類では催眠鎮静剤にあたる薬となります。

近年になり大々的に宣伝されるようになり、薬局やドラッグストアなどでもこのカテゴリーの商品を様々見かけるようになったのですが、これまでの睡眠薬とはどのような点で異なるのでしょうか。

まず大きく異なるのは配合成分で、商品によりベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系、バルビツール酸系、抗ヒスタミン薬などの種類に分けられます。

また睡眠効果の持続時間別では、超短時間作用型、短時間作用型、中間作用型、長時間作用型などと種類があるのですが、この中でも超短時間作用型にかぎり睡眠導入剤と呼称する場合もあります。

効き目に関しては睡眠薬のように突然眠気に襲われ深い眠りに入るものではなく、緩やかな眠気を感じる中でゆっくりと睡眠に入ることになり、こうした効き目に関しては眠気を感じることができたという方もいれば、いまいち効果が感じられないという方もいますので、このあたりは個々の方で試してみなければわからないといえます。

また常習性についてですが、睡眠薬のように極端に強い常習性はないものの他の医薬品との組み合わせや自身の気持ちの問題、またはアルコールを同時に摂取するなどした場合に依存度が高くなる可能性もあります。

一般的には安心感がある医薬品として紹介されていますが、用法や用量によってはトラブルが生じる場合もありますので注意が必要です。


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


このページの先頭へ