デパスの副作用



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

デパスは不眠症の治療時によく処方される精神安定剤の一つで、体の緊張をほぐし、興奮を鎮める働きがあります。
その作用は比較的短時間で強く出ます。
そのため寝つきの改善にも使用されますが、あくまでも心身を落ち着かせるための薬であり、睡眠薬や睡眠導入剤とは別物です。
ですので特にイライラしているわけではなく、気分の落ち込みや生活リズムの極端な乱れが原因で眠れないような場合には、他の治療法の方が良いとされています。

体の力を抜く働きがありますので、何か作業をする前に服用するのは避けてください。
車の運転も止め、足元の不安定な場所を歩くのも控えましょう。
デパスの作用は穏やかと言われていますが、人によっては激しい脱力感に襲われたり、立ち上がれないほどの眠気が起こったりすることもあります。
一錠服用すると効き過ぎるので、半分に割って飲む人もいます。
精神系の薬は相性がはっきり分かれるので、気になることがあればすぐに医師や薬剤師に相談しましょう。

デパスを長期間連用してから急に止めると、禁断症状が出る場合もあります。
不安がかきたてられて落ち着かないとか、手足が震えるといった症状が出るのです。
あまり長い間デパスを服用しないで済むよう、不眠の原因となっている環境を改善する努力もしていきましょう。
ストレスの原因が解決できた後も、自己判断でいきなり服用中止してはいけません。
医師の診断を受けながら少しずつ量を減らして、禁断症状が出ないようにします。

デパスの副作用を気にせずに睡眠の悩みを今すぐに解決する


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


このページの先頭へ