デパスの副作用(デパス錠)



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

【デパス(一般名:エチゾラム)】
製品例:デパス錠0.25mg~デパス錠0.5mg~デパス錠1mg、デパス細粒1%
区分:神経系用剤(含む別用途)/チエノジアゼピン系/精神安定剤

【デパスの副作用】
人によっては、翌朝に眠気やふらつき、けん怠感や脱力感などが残ることがあります。
高齢の人は、転倒にも注意してください。

・依存:長期に多めの量を飲み続けると、体が薬に慣れた状態になりやめにくくなる。
・服用を急に中止するとイライラ、強い不安感、不眠、震え、痙攣、混乱、幻覚などの症状があらわれることがある(徐々に減量すれば大丈夫)。
・もうろう状態、異常行動、夢遊症状、興奮、取り乱す、逆に眠れない(特にもともと精神障害がある場合)
・息苦しい、起床時の頭痛・頭重感(もともと呼吸器系の弱っている人)
・だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が褐色。
・眠気、ボーッとする、頭が重い感じ、注意力・集中力低下。
・ふらつき、めまい感、けん怠感、脱力感、まぶたが下がる。
・生理不順、乳汁分泌
・長期連用で効き目が悪くなる。

デパスの副作用で悩んでいる場合にはこちらをご覧下さい。


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


このページの先頭へ