ドリエルの副作用



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

風邪薬やアレルギーの薬を飲んで、眠くなったり頭がぼんやりした経験はありませんか。
ドリエルは、そのような眠気成分を利用した薬です。

発売元の製薬会社からは、睡眠改善薬というコピーが付けられていますね。
睡眠薬や睡眠導入剤という名称に不安を感じる人にも親しみやすく、薬局で手にとってみた人もいるのではないでしょうか。
風邪薬などの有効成分であり、眠気のもとでもある成分はジフェンヒドラミンと言います。
風邪薬の場合は眠気が副作用でしたが、睡眠改善薬ではそれが効果になるのは面白いですね。

ジフェンヒドラミンを含んだ薬を服用すると、喉や目が乾燥したり、口の渇きを覚えることがあります。
鼻づまりを治す薬などのパッケージにも同じ注意書きが書いてありますが、ドリエルも同様です。
粘膜が乾くということは、その部分の抵抗力が落ちるということです。
乾燥した空気にさらされると風邪をひいたり、喉が痛くなったりしますので気をつけてください。

また、服用後の作業、特に車の運転などは避けましょう。
翌日の眠気がひどかったり、不快感が残るようであれば使用を中止すべきです。

一箱服用してみても睡眠障害が改善しない場合は、医療機関を受診しましょう。
ドリエルはドラッグストア等でも手軽に購入できますが、サプリメント感覚で使うべきものではありません。
病院で別の薬を処方されている場合、うっかり飲み合わせることのないよう注意しましょう。
ドリエルもあくまで医薬品であり、使用する場合は副作用についても十分な理解が必要です。

ドリエルの副作用を気にせずに睡眠の悩みを今すぐに解決する


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


このページの先頭へ