睡眠薬 マイスリー



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

マイスリーとは、統合失調症や躁うつ病などの疾患以外で不眠症の症状を抱えている方に処方される睡眠薬で、2000年に発売された比較的に新しい薬となります。

睡眠薬の中でも効果の半減期が短くおよそ2時間で効果が半減することから睡眠導入剤の部類に入るもので、超短時間作用型の薬として寝つきが悪い方におすすめの薬となります。

睡眠改善薬のように薬局やドラッグストアーなどで手軽に購入できるものではなく、購入に際しては医師の処方箋が必要となり、種類としてはマイスリー錠5mg・10mgの2種類があります。

有効成分であるゾルピデム酒石酸塩は1回あたり5~10mgを就寝する直前に経口服用することで効果を及ぼすのですが、従来型の薬のように翌日まで効果が残るということもなく、筋弛緩作用や依存性などの危険性が軽減されたことから利用が大きく伸びています。

以前であれば医師に効果の強いハルシオンを求めればすぐに手に入れることが出来たのですが、最近では変わりにマイスリーをすすめられることが多くあり、これは数ある睡眠薬の中でも安全性が非常に高いという点が評価されたことによります。

実際に服用すると思ったよりも効き目が早く30分もかからないうちに作用が発言することになりますので、その効果のほどはハルシオンよりも高いと実感することができます。

またその一方で目覚めのときも非常にさわやかで、薬が残ることがないため倦怠感などは一切なく気持ちのよい朝を迎えることができます。

ただこうしたメリットがある一方で7デメリットもあるわけで、安全性が高い薬ではあるのですが体質によっては持ち越し効果がある場合もあり、さらには人により一過性の前向性健忘が生じることもあります。

また当然ながらアルコールとの併用はできなく、使用をやめた場合には依存性は少ないものの反跳性不眠やイライラ感が生じる場合もありますので、このあたりについては注意が必要になります。


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


このページの先頭へ