レンドルミンの副作用



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

レンドルミンは、マイスリー等と同じく作用の穏やかな睡眠導入剤です。
脳の神経を鎮め、体をリラックスさせます。
薬の効果は短時間ですので、ひどい不眠になるとレンドルミンを服用しても2~3時間しか眠れないと訴える人もいます。
そのような場合でも、自己判断で飲む量を増やすのは止めましょう。

他の睡眠サプリメント等を併用したり、寝酒を飲むことも厳禁です。
飲み合わせやアルコールによって効果が強く出すぎることがあります。
また、重い副作用につながる危険性もあります。
例えば感情の抑制が効かなくなって暴れ出す、幻覚を見るなどです。

そこまで重い副作用でなくとも、服用後の一時的なふらつきやだるさは起こり得ます。
寝る前の作業は全て済ませ、後は寝るだけの状態まで準備をしてから飲みましょう。

また何か作業をしても、そのことに関する記憶が全く残っていない状態になることがあります。
健忘と呼ばれる状態ですが、作業による怪我等なくても、生活する上でトラブルにつながるかもしれません。
判断力も若干低下すると考えられますので、人と話したりメールを送ったりするのは避けたほうが良いでしょう。

翌朝目覚めた後も、人によっては不快感や眠気が残ります。
車の運転や危険を伴う作業は、起床後すぐには行わないほうが良いです。
長期連用すると依存症状が見られることがありますので、長い間レンドルミンに頼りきりにならないよう、生活リズムの見直しを積極的に行っていきましょう。

レンドルミンの副作用を気にせずに睡眠の悩みを今すぐに解決する


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


このページの先頭へ