睡眠薬 副作用



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

夜眠れないという症状は翌日の家庭生活や仕事などあらゆる面で支障をきたすため、すぐその場で問題を解消することができる解決法をとりたいといえます。

そうした中では睡眠薬を使うというのは選択肢としてもっとも手っ取り早く、飲んだ数分後には早くも効果が現れますのですぐ眠りにつくことができるのですが、そうした手軽さがある一方で怖いのは副作用の存在です。

そもそも薬には少なからず副作用はあるもので、たとえば身近でよく利用する風邪薬でも注意書きを見ると胃への負担が大きいことから空腹時に服用することは避けるように書かれていますし、アレルギーへの懸念や小児の利用を制限するなど様々な注意が目に飛び込んできます。

特に気にかけることもなく服用している風邪薬でさえ注意すべきことはたくさんあるのですから、意識を失う作用がある睡眠薬ともなればさらに注意すべきであるというの当然のことといえます。

では具体的にどのような副作用が報告されているのでしょうか、まず意識の面では眠気・めまい・集中力の欠如などがあることから車の運転は厳禁とされており、これは運転だけでなく外出全般は控えたほうが良いといえます。

また筋弛緩作用があることから意識の面だけでなく体の操作が難しくなることによるふらつきや転倒といった危険もあります。

常習的に薬を利用する中では効き目が悪くなったと勘違いして飲み過ぎてまうこともあり、状態が悪くなると記憶障害が生じる重症患者も出てくる場合がありますので、そうなる早めに病院で診察を受けなければなりません。

それ以外のところでは感受性が著しく低下することから性欲の減退や勃起不全が引き起こされることになり、ご自身の問題だけでなくパートナーや家族にも影響が出てくることにも繋がりかねません。

こうした睡眠薬の副作用のことを考えれば他のところで睡眠を改善させることが重要になりますので、たとえば快眠枕や低反発マットレスなど使い、睡眠環境を変えるのもひとつ手であるといえます。


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


このページの先頭へ