睡眠薬 種類



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

睡眠薬は寝れない時にすばやく体に作用して強制的に眠りにいざなう薬で、毎日の忙しい生活を乗り切るためには欠かせないものなのですが、そもそもこの薬にはどのような種類があるのでしょうか。

睡眠薬の効果が続く時間、つまりは薬の半減期による分類をした場合には4種類の分け方があり、超短時間型・短時間型・中時間型・長時間型などに分けることができます。

このうち超短時間型と短時間型に関しては、寝入りに際してなかなか眠ることができない入眠障害があるものと考えられ、この場合に用いられる医薬品は睡眠導入剤ともよばれる場合が多くあります。

具体的な薬の種類としては超短時間型の場合の薬剤ではハルシオン(トリアゾラム)、アモバン(ゾピクロン)、ルネスタ(エスゾピクロン)、マイスリー(ゾルピデム酒石酸塩)などがあります。

短時間型の場合にはレンドルミン(ブロチゾラム)、ロラメット・エバミール(ロルメタゼパム)、リスミー(リルマザホン塩酸塩水和物)などがあります。

また中時間型や長時間型の場合には薬の半減期が長いことから、眠りが浅くて睡眠の途中で何度も目覚めてしまう方、または一度起きてしまうとその後の時間は眠れなくなるという方に向いている薬となります。

具体的な薬の種類としては中時間型の場合の薬剤ではロヒプノール・サイレース(フルニトラゼパム)、ユーロジン(エスタゾラム)、ベンザリン・ネルボン(ニトラゼパム)、エリミン(ニメタゼパム)などがあります。

長時間方の場合にはドラール(クアゼパム)、ソメリン(ハロキサゾラム)、ダルメート・ベノジール(フルラゼパム塩酸塩)などがあります。

こうした睡眠薬の中には疾患などにより使用ができない医薬品があるなど、個々の方の状態や症状により使用できる薬が限られる場合もあります。

そうしたことから診察を受ける際には医師の話をしっかりと聞き、既往症や服用中の医薬品などについてはもらすことなく伝えておきましょう。


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


このページの先頭へ