睡眠薬の副作用



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

睡眠薬と聞くと、処方されたことのない人は何となく怖いイメージを抱くのではないでしょうか。
直接的に眠気を起こす作用の無い精神安定剤なども、不眠の原因を解消するために処方されることはありますが、基本的に睡眠薬と言えば脳の神経伝達物質に作用する薬が殆どです。
そのため場合によって副作用の影響は深刻なものになりますので、よく理解しておきましょう。

睡眠薬は効果が持続する時間によって、超短時間型、短時間型、中時間型、長時間型と分かれています。
寝つきが悪いなどの一般的な不眠には、入眠時に効果を発揮して早く代謝される超短時間型、短時間型の薬が使われます。
これらの薬は作用時間が短い反面、すぐに効果が表れるので、服用後に家事などをしていると思わぬ怪我の可能性があります。

作用が穏やかなので、体質や不眠の程度によってはあまり効かないこともありますが、勝手に服用量を増やさないようにしましょう。
普段の作用が弱い薬でも、少しでも規定を超える量を飲むと、急に効果が強くなることがあります。
命を危険にさらす可能性もあるので、必ず医師に相談してください。

不眠のタイプによっては、作用時間の長い睡眠薬が処方されることもあります。
作用時間が長くなると効き始めも遅くなる傾向があり、服用のタイミングを間違えると睡眠時間がどんどんずれてきます。
すると日常生活に支障が出て、対人的なトラブルや怪我の原因になります。
ストレスによって逆に不眠が重くなり、薬漬けになってしまうケースもあるのです。

睡眠薬の副作用を気にせずに睡眠の悩みを今すぐに解決する


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


このページの先頭へ