熟睡してないのかな



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

毎日夜の11時には布団に入り、ゆっくり読書を楽しんでから眠るという習慣が身についているため、
眠れないということや、熟睡していないというような睡眠障害とは無縁と思っている人は多いと思います。

しかし、実際には、本当に熟睡して質の高い睡眠をとっているという人は少ないようです。
多くの人は、睡眠時間が足りないもしくは、しっかり睡眠時間は確保してはいるものの熟睡していないようなのです。

なぜ、質の高い睡眠をとっている人が少ないのかというと、
日中に仕事や学校で、眠たくなってしまい、ついウトウトしてしまうという人がとても多いのです。

忙しい現代社会を生きている私達ですから、疲労が蓄積しているからこその睡魔というものもあるかもしれませんが、
それでも質の高い睡眠で熟睡しているという人は、疲れたなと感じることはあっても、眠たいという感覚はないようなのです。

そして、日中は活動的に行動し、夜はしっかり熟睡しているという人の多くは、日中に眠たくなることは少ないのです。

もし、日中に眠くて仕方がないということが多いという人は、どんなに夜の睡眠時間をしっかり確保していたとしても
熟睡していないのかもしれません。

それだけ、睡眠の質というのは重要なのです。

熟睡していないのかなという人の多くは、ノンレム睡眠とレム睡眠のバランスが悪い場合が多く、
体は眠っているけれど、頭が冴えてしまっているという場合が多いので、睡眠前にはできるだけテレビやパソコン、
携帯などの画面を見るようなことは控えて、体も脳もリラックスできる環境にすることを心がけるようにすると良いようです。

それだけでも睡眠の質は、ぐっと高くなるのですが、さらに寝室の環境を眠り易い環境に整えるようにしたり、
寝具を自分の体が快適と感じるものにするなどの工夫をすると良いと思います。

また、熟睡するために睡眠薬は必要ありませんが、レスベラトロールやギャバなどが配合されているサプリメントを服用すると、
熟睡することができると言われていて、人気となっているのでそのようなものを使用してみるのもいいかもしれませんね。

熟睡しているかどうかは、あまり感じることはできませんが、日中の自分の体調に合わせて睡眠の質というものを考えてみると良いかもしれませんね。


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


このページの先頭へ