睡眠障害



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

現在、睡眠障害で悩んでいる人が多くなっているそうです。
睡眠障害と言っても、単純に眠れないと言っただけではありません。
大きく分けると、4つの症状に分類することが出来るのです。

では、1つずつその症状などを見ていきましょう。
最も代表的なものとして不眠症があります。
眠れないと言った状況が続く症状のことで、不眠症の中でも寝付きが悪くなってしまう入眠障害、夜中に目が覚めてしまう中途覚醒、
朝早くに目が覚めてしまう早朝覚醒、眠りが浅く眠った感じがしない熟睡障害があります。

次に、過眠症と呼ばれるものがあります。
日中に異常なまで強い眠気が起きてしまう状態をさします。
不眠である為に、過眠症を起こしてしまうこともあるのです。
重大な事故に繋がることもありますので、過眠症となった時には要注意だと言えます。
睡眠覚醒リズム障害と呼ばれる症状もあります。
睡眠覚醒リズム障害とは、人間の普遍的な生活リズムである昼間に活動して夜に眠るといったパターンのことで、この睡眠と覚醒のリズムが崩れてしまった時に睡眠覚醒リズム障害と呼ばれます。
最後に、睡眠時随伴症があります。
睡眠中に寝言を言ってしまったり、寝ぼけてしまったりすることは健康な人であってもあることです。

しかし、物を壊してしまったり、人に危害を加えてしまったり、寝ているのに物を食べてしまったりすると言った時には睡眠時随伴症と呼ばれる病気の可能性が高いです。
日本人の2割以上の方が睡眠障害に悩んでいるとも言われています。
睡眠障害によって起こる経済的損失は年間で3兆円異常あるとも言われており、睡眠障害を持っている人は出来る限り、早く解消出来るようにしたいですね。
不眠のタイプによっては別の病気を起こしており、その病気が原因で不眠症を起こしてしまう人もいらっしゃいます。
ですので、自分の不眠の原因をしっかりと突き止める為にも、1度は病院を訪れてみた方が良いでしょう。
代表的な物としては、睡眠時無呼吸症候群や、常用薬などの薬剤による不眠、生活習慣や睡眠環境による不眠、などがあります。


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


このページの先頭へ