良質な睡眠のコツ



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

良質な睡眠をとるコツはあるのでしょうか。
イギリスのニュースサイトによりますと、一週間の寝不足(6時間以下の睡眠時間)が続いてしまうだけで、およそ700個もの遺伝子が壊れてしまうそうです。
人間の遺伝子の総数は3万ほどとされていますので、長期間にわたっての睡眠不足になってしまうと、多くの細胞が劣化してしまうと言っても良いでしょう。

そこで、睡眠障害を起こしてしまわずにすっきりと起きることが出来るようになるコツを考えてみましょう。
悪い睡眠のタイプ別に纏めていきますと、まず入眠障害があります。
いわゆる寝付きが悪いと言ったタイプなのですが、寝付きが悪くなってしまう原因はストレスや精神的なものが大きいと言われています。
明日は何時に起きないとダメだからと言ったようなことを考えてしまうことで、眠れなくなってしまいます。
入眠を良くする為には、ベッドに入った後は余計なことは考えないようにして、目を閉じるようにしたいですね。

また、眠る3時間ほど前から部屋を暗くしておくことで、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌が促進されます。
夜中に目が覚める、中途覚醒をしてしまう場合ですが、身体が必要としている異常の睡眠をとっていることで、目が覚めやすくなります。
寝ている間に呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群の可能性もありますので、どうしても気になる人は病院で検査を受けると良いですね。
熟睡障害と言うのもあります。
睡眠が浅くて寝た気がしないと言うようなケースでは、朝の起床が辛くなってしまいます。
精神的なストレスを抱えていないのに、熟睡できないと言った時であれば、常用している薬などを見直してみると良いでしょう。
風邪薬であったとしても、睡眠に影響が出てしまうことがあります。

他にも、上でもあげた睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を促進させるサプリメントを服用するのもお勧めです。
体内から睡眠の質を良くしていくには、食事の内容を気をつけていくのも良いでしょう。


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


このページの先頭へ