安定剤 睡眠薬



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

睡眠薬と精神安定剤という二つの医薬品は双方ともに異なる目的で使われるものですが、実は関係性は非常に深くあることをご存知でしょうか。

まず精神安定剤は名称にあるように精神を安定させる薬剤ということになり、向精神薬がある中でも精神状態を安定させる効果がある薬の事を指しています。

別名でトランキライザーとも呼ばれているのですが、体内での働きによりさらに2種類に分かれており、抗精神病薬であるメジャートランキライザーと抗不安薬であるマイナートランキライザーといった種類があります。

まずメジャートランキライザーは直接脳の中枢に働きかけてドーパミンの分泌を抑えることにより脳内の状態を安定させる働きがあり、極度の不安や焦燥感を取り除くとともに、一部では睡眠効果がある薬もあります。

またマイナートランキライザーは脳に働きかけ直接脳をリラックスした状態に導くもので、この緊張を和らげリラックスさせる効果から睡眠導入剤として使われる薬もありのです。

私たちの一般的な認識では、精神安定剤と睡眠薬とはまったく異なる薬と思われているのですが、脳の働きを落ち着かせるという点ではこの双方の働きはまったく同様のものであり、その中でも睡眠効果が高い成分を用いて眠りに落ちやすい配合に特化させたのが睡眠薬として販売されているのです。

このように元々の成分や効果が同一ながらそれぞれ別の疾患に対応させた医薬品として製造されているというケースは様々あるのですが、やはり気になるのは睡眠を目的としているのに躁病・統合失調症・うつなどに効果がある脳を安定させる成分を含んだ医薬品を服用しているという点です。

もちろん医薬品の安全性は十分な検査や承認体制がありますし、体への副作用を考えた上で医師は処方をしているのですが、精神状態への影響もどこまであるものなのか人により差があるわけですからすべての人に安全というわけではなく、この点については医師とも相談しながらどのような処方を受ければよいのか考えましょう。


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


このページの先頭へ