赤ちゃんの睡眠



今すぐ睡眠の悩みを解決する

不眠症対策119お助け部隊

赤ちゃんは一日の多くを寝ているようにも見えるのですが、どれくらいの睡眠時間が必要で寝ることによりどのような体の変化があるのでしょうか。

まず睡眠時間についてですが、生まれてから0ヶ月の場合には平均時間が16時間ほどとなり、1ヶ月では14時間、2ヶ月では13時間、3ヶ月では12時間などと睡眠時間は少なくなる傾向があります。

いずれのお子さんも昼夜の認識がありませんのでまとまって寝るということではなく、起きたり寝たりを繰り返すことになるのですが、これは浅い眠りであるレム睡眠が多くを占めていることと関係しており、周囲の環境によっては目が覚ましやすいということがあります。

そのため親御さんは赤ちゃんが寝やすい環境を整えておくことが大切で、温度や湿度を快適な状態で一定に保ち、騒音がしない場所で昼夜がわかるように昼間は明るい一方で夜は暗くするようにします。

部屋には温度計や湿度計を置き、加湿器やエアコンなどの機器で調整することになるのですが、それだけで終わりということではなくたとえば夏場であれば汗取りシートを使うなど状況に応じて安眠しやすい環境を整えていきましょう。

そして赤ちゃんが寝ている間に体内ではどのような変化があるかという点ですが、就寝中は脳からの指令により下垂体から成長ホルモンが分泌されることで体の成長を促すことになりますので、このあたりの就寝時におけるホルモン分泌の過程は成人である親御さんと変わりはありません。

ただまだ小さいからだの赤ちゃんのことを考えれば成長ホルモンの分泌は何にもまして重要なことであるため、この就寝時間の平均値を維持することは非常に重要となるのです。

また当然ながら幼いゆえに自身で寝るための環境を整えることができないことから、親御さんが積極的に関与していくことが大切であり、その後に体内時計ができて昼夜の区別がつける事ができるようになるようしっかりと見つめていきましょう。


睡眠薬なしで不眠症を解消し、熟睡できるようになった方法


睡眠薬の副作用に悩んでいる方にも効果的【睡眠薬を飲まない快眠法】

不眠症対策119お助け部隊

不眠症を1ヶ月で克服した体験談はこちら


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ


このページの先頭へ